読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hawkの一人道

僕、hawkが思ったことをそのまま書き連ねるブログです。

借りものの知識に価値はない。

僕達は、常に「誰かの言葉」で、他人と会話しています。

 

どういうことか?

 

 

僕達は生まれた時から言葉が使えた訳ではありません。

周りの大人達の言葉を聞いて、僕達は言葉が使えるようになりました。

 

僕達ひとりひとりが言葉を生み出した訳ではありません。

 まぁ、これが弊害を生むことにもなるのですが。

今回は、その弊害とも言える事について書こうと思います。

 

 

 

 

 

さて、この記事は、「知識自体に価値はない」という題名ですが、

ここで言う「知識」とは、

自分の実体験が伴っていない、誰かの言葉です。

 

逆に、自分の実体験が伴った誰かの言葉は、

「知恵」と呼ばれます。

 

僕が大事だと思うのはもちろん知恵です。

 

知識そのものに価値はなくて、知識に実体験を掛け合せることで、知識は知恵になり、

価値が生まれます。

 

 

知識自体は世の中に溢れかえっています。

 

今の時代に大切なのは、ただの知識ではなくて、自分の実体験をベースにした知識、つまり知恵です。

 

 

知識を蓄えるだけじゃなくて、実際に行動して、知識を知恵に昇華させることが大事です。

 

知識だけだったら誰でも持っている時代ですから。