読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hawkの一人道

僕、hawkが思ったことをそのまま書き連ねるブログです。

今の時代に生まれてよかった

本当に今の時代に生まれてよかった。

心からそう思います。

 

戦争をしていた時代のように命の危険をリアルに感じることもないですし、家柄によって一生の生き方を決められているわけでもありません。

命を脅かされることがほとんどなく、生き方も自分で決めることができる。

当たり前のように見えて実はすごいことですよね。

 

僕が特に良いと感じることはやっぱり生き方を自分で選べるということです。

 

町中のいたるところで、さまざまな価値観が飛び交っている今、「幸せの定義」っていうのがものすごくあいまいになっていると思います。

一昔前なら、大企業に入って、一軒家を買って、子供に恵まれて、、、という幸せのロールモデルがありましたが、いまではそういうのはあまり聞きません。

そういうのは時代遅れになったのでしょう。

 

今は、個人が「自分なりの幸せ」を自分でつかみ取りに行く時代。

「世間一般の幸せ」を漠然と追い求める必要はない。

自分が、心からやりたいことをやること。

それが「自分なりの幸せ」をつかみ取りに行くことだと思います。

 

当然ですが、「自分なりの幸せ」ロールモデルというのは存在しません。

世界に何十億の人がいても、自分と同じ人はいないので。

だから、「自分なりの幸せ」を追い求めることは、決して楽なことではありません。

学校の教育のように、「こうしとけばいいんでしょ?」というものがないですから。

誰も教えてはくれない。

誰も他人の幸せの条件とかわからないですから。

 

 

いろいろ試行錯誤していく必要があります。

たくさん頭を使う必要があります。

まずは、いろんなことに挑戦してみる。

そして「やっぱりこれじゃない。」ということをたくさん経験する。

そしたらいつか、本当に大事なものが見えてくると思います。

 

時には周りから批判を受けることも多いと思います。

「自分なりの幸せ」を追い求めると、時として、周りの期待を裏切る結果になることもあります。

他人が期待する自分と、自分が期待する自分の間に乖離が生まれることは多い。

その時、どうするか。

人によるとは思いますが、僕なら、自分が本当にやりたいことを選びます。

自分の意思を殺して「他人に都合のいい自分」にはなりたくない。

 

今はまだ僕も試行錯誤の段階ですが、いつか必ず、「自分なりの幸せ」を掴みます。

 

ちなみに、↓の本には、「自分なりの幸せ」を追い求めるための本質的なことが書いてあっておススメです。

 

 

「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法

「頭のいい人」はシンプルに生きる―「快適生活」の方法