読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hawkの一人道

僕、hawkが思ったことをそのまま書き連ねるブログです。

筋トレを続けて実感したメリット

f:id:tk0714210:20170312145038j:plain

写真はイメージです。

 

 

僕は筋トレが好きです

筋肉を追い込むとホルモンが出て、テンションが上がりますし、ポジティブな気分になります。

冬場にタンクトップ一枚で筋トレをしてハァハァ言いながら風呂場に向かいます。

その風呂が気持ちいいんですよね。(笑)

 

まだ3か月くらいしか筋トレを続けていませんが、明らかなメリットを実感できたため、ここで報告させていただきたいと思います。

 

姿勢が良くなった

f:id:tk0714210:20170312145223j:plain

 

僕はもともとすごい猫背で、親からも注意されてきました。

頑張って治そうと意識しても、全然治りませんでした。

でも筋トレを2週間ほど続けたら、自分でも驚くほど姿勢が良くなったんですよ。

最初は気づかなかったんですけど、親から言われて気が付きました。

気づかないうちに姿勢が良くなったのは嬉しかったです。

 

胴体にしっかりとした筋肉がついたから、姿勢が良くなったのだと思います。

 

 

話のネタになる

f:id:tk0714210:20170312145520j:plain

 

女子には引かれる可能性があるため、あまり話しませんが、男子相手だと会話のネタになります。

男子の友達に何人かは筋トレ好きな奴がいると思います。

そいつらと筋トレの話をするとまず間違いなく盛り上がります

 

どこを鍛えているか、使ってるプロテインは何味か、とか。

話は尽きません。

筋トレやっていないやつは確実に引きますが、、、

 

「変わること」を実感できる

f:id:tk0714210:20170312145753j:plain

 

筋トレをすればまず間違いなく身体つきは変わります。

自分の身体が変わっていくのは見ていて楽しいです。

内面の変化に比べて外面の変化は大きいです。

 

「自分を変えることができた。」という成功体験になります。

 その瞬間が病みつきです。(笑)

 

 

 

 

ここまで僕が実際に実感したメリットを書きましたが、

一つだけ実感したデメリットがあります。

それは、

 

 

 

力自慢ができない、ということです。

 

僕は2.3日おきに筋トレをしています。

間を開けているのは筋トレによる筋肉痛を解消するためです。超回復とも言います。

そうするとどうなるか。こうなります。

 

筋トレ → 超回復(筋肉痛) → 筋トレ → 超回復(筋肉痛) →  

 

お分かりでしょうか。僕は日常生活において常に筋肉痛を持っているわけです。

もちろん、最大限の力は出せません。

「筋トレやってるんだったら、俺と腕相撲しようぜ!」

とか言われても困ります。痛いんです。

 

 

これだけは覚えておいてください。

筋トレやってるやつは基本的に力自慢はできない。

 

 

ありがとうございました。