読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

hawkの一人道

僕、hawkが思ったことをそのまま書き連ねるブログです。

主体的に生きることの難しさ

最近、自己啓発本として、世界的に有名な、七つの習慣を買いました。

 

 

7つの習慣-成功には原則があった!

7つの習慣-成功には原則があった!

  • 作者: スティーブン・R.コヴィー,Stephen R. Covey,ジェームススキナー,川西茂
  • 出版社/メーカー: キングベアー出版
  • 発売日: 1996/12/25
  • メディア: 単行本
  • 購入: 148人 クリック: 4,806回
  • この商品を含むブログ (773件) を見る
 

 この本は導入部分から、小手先のテクニックに頼った自己啓発本を否定しています。

人間高めるには、まず何よりも土台が大事である。小手先のテクニックだけではダメだと言うことです。

 

これは、リンゴの木に例えるとわかりやすいかも知れません。

素晴らしい人を、たくさんの良質なリンゴを実らせた木だとすると、どうしても人目につきやすいのはリンゴです。

小手先のテクニックに頼った自己啓発本というのは、このリンゴに着目し、このリンゴの素晴らしさを伝えます。

それを読んだ人は、なんとかしてそのリンゴを自分の木に実らせようと努力します。

でも、リンゴがリンゴの芽に実るでしょうか。

まずはしっかりと根を下ろして、幹を太くする。その後必然とリンゴが実るのです。

 

だからまずは土台作りが先決、ということです。

 

 

この考えにはすごく共感できたため、この本に書かれている習慣を実践して、土台作りに専念しようと思いました。

しかし。。。

 

 

第1の習慣、「主体的に生きる」の難易度が高すぎる

 

初っ端から挫折しかけました。

主体的に生きるとは、自分の人生は自分ですべて責任を持つということです。自分がすべての責任を持つため、現状に不満があったとしても他の誰のせいでもありません。

「あの上司のせいで俺は……」とか、

「イケメンに産まれていれば……」とか、よく聞きますが、これらは全て主体性のない人の言葉ということになります。

主体的に生きている人に、愚痴は無縁です。

 

もし、バイトが辛いのならバイト先を愚痴るのではなく、改善に努めるか、さっさと辞める。

これが、主体性のある人間の行動です。

 

僕達は皆、自分が良いと思う道を選ぶ権利があります。

選ぶ権利がある以上、自分で責任を取るのは当然のことです。

 

しかし、当然のことといっても難しいですよね。

僕もかなり責任転嫁してしまう人間なので、この第一の習慣を読んだ時は衝撃を受けました。

人のせいにするのってすごく楽なんです。

自分を悲劇の主人公に見立てて、愚痴っとけばいいのですから。

でも、それでは現状は何も変わらないんですよね。結局、自分が変わって現状を変えるしかないんです。

 

これができるようになれば、ワンランク上の人間になれるはずです。

 

 

 

 

 

 

 

 

頭を使わずに働くということ

 

最近、飲食店でバイトを始めました。

まだ新人なので、言われたことをしっかりやりきることした出来ません。

言われたことは必ずやる。同じミスはしない。優先順位をハッキリさせて、周囲の状況を確認しながら作業する。

って言うことをやっているんですが、そこで思ったこと。

 

 

こういう仕事ってほとんど頭使わなくても出来るんだ

 

 

例えば皿洗いにしても、オーダーを取るにしても、正直頭を使うことはほとんどないんですよね。

別のことを考えながらでも出来てしまう。

 

僕はビジネス本をよく読むので、仕事って頭をフル回転させて行うものだと思っていました。

そしてそのぶん、充実感が得られる。

 

そういった先入観があったため、頭をあまり使わずに仕事をするのにすごく違和感がありました。

 

ただ体を動かす。

自分の時間を切り売りして、お金に変えている。

そういった感覚が全く抜けません。

 

怖い。非常に怖い。

この感覚に慣れてしまうと、ただのロボットになってしまいそう。

言われた通り体を動かすだけ。

 

アルバイトだけでは仕事を知ることにはならないのではないか、と思いました。

 

 

英語って話せる必要あるん?

f:id:tk0714210:20170424194556j:plain

 

 

「日本はどんどんグローバル化していくので、英語が話せない人は生き残れない。」

みたいな言葉が出回って何年経ったでしょうか。

 

グローバル化していることは事実ですし、日本にもたくさんの外国人が訪れていますよね。

 

僕も歩いてたら外国人に道を聞かれることがよくありますし、日本語話せる人なんて少数です。

なのでこちらが向こうに合わせて、英語を話す必要があるんですよね。

正直な話、「ここ日本なんだから、俺が合わせるのっておかしくね?」

とは思うんですが、言っても始まらない。

必死に学校で習ったジャパニーズイングリッシュを披露するわけですが、そこで気づいたこと。

 

 

中学レベルの英単語知ってたら、充分通じるわ

 

 

 

中学から高校まで、英語をしっかり勉強してきて、一応地元じゃ名の知れた大学に進学した僕ですが、スピーキングは習っていないので出来ません。

しかし、中学生に毛が生えた程度のスピーキングでも、必要な情報を伝えることが出来ました。

いや、実のところ中学レベルにも到達してません。

Go,across,train,convenience store

を連呼してました。笑

 

でも、それでしっかり通じたんです。

僕の家に留学生が来たこともあったのですが、その時も同じような感じで意思疎通が出来ました。

 

僕の経験から言うと、日常会話には中学レベル英語で十分です。

というか、日本に住んでいる限り、英語を使う機会なんてほとんど無いので、

英語を使う時って"非"日常だと思うんですよね。

そんな"非"日常のために英語勉強するのも馬鹿らしいなって思います。

 

英会話教室の広告とかでは、英語が話せないとマズイ!みたいなことが書かれていますが、僕の経験からすると、そんなことは無かった。

 

英語をうまく話せる必要なんてありません。

 

 

 

 

 

他人を簡単に批判する人

人の趣味や意見を簡単に否定する人が多すぎる。

本当に、多くないですか?

 

「僕はこう思ってます。」

とか、

「~するのが好きなんですよ。」

とか言うと、決まって

 

「それは違う。正しいのはこう。」

「それって寂しくない?」

 

とか言われるんですよ。

 

最近のことでは、「休みの日は家で本読むのが好きです。」

って言ったら、

「そんなことより、今のうちに友達と遊ばないと後悔するよ。」

ということをいう人がいました。

 

いやいや、あなたの意見はどうでもいいんです。

 

友達と遊ばないと後悔するっていうのは、あなたが感じることであって、僕が感じることではないでしょう。

 

 

自分の価値観を全ての人に適応できると思わないでください。

ありきたりな表現だけど、人はひとりひとり違うんです。

自分が理解できないことを楽しむ人もいるんです。

それを頭ごなしに批判しないでほしい。

 

他人の意見や趣味を簡単に否定するなんて、自分をどれだけ偉くて知的な存在だと思っているのでしょうか。

 

 

 

 

気づけばただの愚痴になってしまいましたね。(笑)

 

「努力は報われる」とかいう意味の分からない言葉、無くしましょう

f:id:tk0714210:20170313194702j:plain

 

僕は「努力は報われる」という言葉が大嫌いです。

 

 

よくスポーツ選手がメダルをとったときに、「この勝利は努力の結果です。」みたいなことをいうじゃないですか。

あれ、納得いかないんですよね。

まるで自分には才能がなかったみたいな言い方にも釈然としませんし、その言い方だと、そのスポーツ選手が一番努力したみたいじゃないですか。

 

そんなことは無いだろうと。あなたはいままで世界中の誰よりも努力したと確信しているのですか、と。

もし、そのスポーツ選手よりも努力していた人がいた場合、すごく失礼な発言になりませんかね。

 

 

 

 

 

僕は、努力っていうのはあくまで道具だと思ってます。

なんかの目的を達成するために必要なモノ。

たとえるなら、本棚を作るために使う金づち

 

本棚を作るために金づちを使う

 

つまり、「目的のために、努力する」のです。

 

 

逆に「努力は報われる」っていうのは、

 

「金づちを使えば本棚が作れる。」って言っているようなものです。

 

間違ってはいないけど合ってもいない。

 

こんな意味の分からない言葉を平然と言う人の気がしれません。

 

無くしましょう。

 

 

 

究極的に正しい生き方。

人にとって正しい生き方とは何か?

 

答えはシンプルです。

 

自分に正しく生きる

 

これだけです。

 

巷には自分の考えを絶対的な真理だとして押し付けてくる人がいますよね。

「子供のうちは友達と遊ぶべきだ。」とか「人には絶対迷惑をかけるな。」とか。

 

別に一人で遊んでもいいじゃないですか。

人に迷惑をかけたっていいじゃないですか。その分、他人の迷惑を許しましょうよ。

 

他人はあくまで他人です。

ある人の考えはその人には当てはまるかもしれませんが、他の人には当てはまらないことが多い。

 

自分が本当に望むことをやる。これをすれば後悔することはありません。

 

たかだか100年以内の命です。

自分の好きに使っていいじゃないですか。

200年後、誰も自分のことなんて覚えていません。

 

筋トレを続けて実感したメリット

f:id:tk0714210:20170312145038j:plain

写真はイメージです。

 

 

僕は筋トレが好きです

筋肉を追い込むとホルモンが出て、テンションが上がりますし、ポジティブな気分になります。

冬場にタンクトップ一枚で筋トレをしてハァハァ言いながら風呂場に向かいます。

その風呂が気持ちいいんですよね。(笑)

 

まだ3か月くらいしか筋トレを続けていませんが、明らかなメリットを実感できたため、ここで報告させていただきたいと思います。

 

姿勢が良くなった

f:id:tk0714210:20170312145223j:plain

 

僕はもともとすごい猫背で、親からも注意されてきました。

頑張って治そうと意識しても、全然治りませんでした。

でも筋トレを2週間ほど続けたら、自分でも驚くほど姿勢が良くなったんですよ。

最初は気づかなかったんですけど、親から言われて気が付きました。

気づかないうちに姿勢が良くなったのは嬉しかったです。

 

胴体にしっかりとした筋肉がついたから、姿勢が良くなったのだと思います。

 

 

話のネタになる

f:id:tk0714210:20170312145520j:plain

 

女子には引かれる可能性があるため、あまり話しませんが、男子相手だと会話のネタになります。

男子の友達に何人かは筋トレ好きな奴がいると思います。

そいつらと筋トレの話をするとまず間違いなく盛り上がります

 

どこを鍛えているか、使ってるプロテインは何味か、とか。

話は尽きません。

筋トレやっていないやつは確実に引きますが、、、

 

「変わること」を実感できる

f:id:tk0714210:20170312145753j:plain

 

筋トレをすればまず間違いなく身体つきは変わります。

自分の身体が変わっていくのは見ていて楽しいです。

内面の変化に比べて外面の変化は大きいです。

 

「自分を変えることができた。」という成功体験になります。

 その瞬間が病みつきです。(笑)

 

 

 

 

ここまで僕が実際に実感したメリットを書きましたが、

一つだけ実感したデメリットがあります。

それは、

 

 

 

力自慢ができない、ということです。

 

僕は2.3日おきに筋トレをしています。

間を開けているのは筋トレによる筋肉痛を解消するためです。超回復とも言います。

そうするとどうなるか。こうなります。

 

筋トレ → 超回復(筋肉痛) → 筋トレ → 超回復(筋肉痛) →  

 

お分かりでしょうか。僕は日常生活において常に筋肉痛を持っているわけです。

もちろん、最大限の力は出せません。

「筋トレやってるんだったら、俺と腕相撲しようぜ!」

とか言われても困ります。痛いんです。

 

 

これだけは覚えておいてください。

筋トレやってるやつは基本的に力自慢はできない。

 

 

ありがとうございました。